CubaseでDTM・MIXするのに適したパソコンおすすめモデル

当ページのリンクには広告が含まれています。
目次

CubaseでDTM・MIXするのに適したパソコンのスペックを解説したうえで、おすすめモデルを紹介します。

Cubaseを使えば誰でもDTMやMIXができますが、
パソコンのスペックが伴っていないとスムーズに作業ができません。

そこでCubaseを使うのに必要なパソコンスペックやおすすめのパソコンについて
詳しく見ていきましょう。

 

Cubaseを使うのに求められるパソコンのスペック

Cubaseの動作環境は開発元であるsteiberg社のHPに掲載されていますが、
快適にCubaseで作業するにはこれよりも高いスペックが求められます。

まずOSですが、
これは最新のバージョンであればWindows・Macのどちらでも構いません。

ただCubase以外のソフトも使うなら、
対応ソフトの種類・数が多いWindowsを選ぶ方が良いでしょう。

CPU

次にCPUですが、
Cubaseを快適に使うならPassMark値が14000以上のCPUが必要です。

具体的なCPUモデルで言うと、
・Intel Core i5、i7の第12世代以降
・Intel Core i9
・Ryzen7、9
・AppleのM1、M2チップ
などとなります。

上記モデルのCPUが搭載されていれば、
複数のプラグインやエフェクトを同時かつスムーズに処理できます。

メモリ

メモリは開発元が示す動作環境では8GBとなっていますが、
少なくとも16GB、32GBだとより快適に作業可能です。

複数の音源と使ったりトラック数が多くなったりするとデータ量も大きくなるので、
スムーズに作業するにはメモリ容量が大きいに越したことはありません。

ストレージ

ストレージには音源データを保存しますが、
読み書き速度が速いSSDが必要というだけで容量は問わないです。

クラウドや外付けでストレージは追加できますから、
パソコン自体のストレージ容量は大きくても小さくても構いません。

GPU

GPUはグラフィック処理を行うパーツで、DTMには直接的には関係がありません。

ただGPUが搭載されていないとグラフィック処理をCPUが行うことになり、
グラフィック処理にメモリ容量が取られてしまいます。

グラフィック処理にメモリ容量が取られるのはもったいないですから、
ロースペックでも構わないのでGPU搭載のパソコンを選ぶようにしましょう。

 

Cubaseにおすすめのパソコン

これからDTMやMIXを始めたいけどパソコン選びはちょっと心配という人のために、
Cubaseを使うのにおすすめのパソコンをいくつか紹介しましょう。

サイコム「G-Master Spear Z790-Mini/D4」

どのパソコンがCubaseを使うのに適しているか全く見当がつかないなら
サイコムの「G-Master Spear Z790-Mini/D4」がおすすめです。

デスクトップPCでプリセットのままでもCubaseを使うには十分なスペックを
有しています。

細かくカスタマイズできますから、
上級者は自分の使い方に合わせてパーツの変更が可能です。

価格はサイコム公式のオンラインストアで、
カスタマイズ無しで246,400円となっています。

G-Master Spear Z790-Mini/D4

BTOパソコンのサイコム

 

パソコン工房「iiyama SENSE‐M3P5‐R57X‐UT1X」

DTMやMIXだけでなくゲームなど多用途に使うのであれば、
パソコン工房の「iiyama SENSE‐M3P5‐R57X‐UT1X」がおすすめです。

デスクトップPCで性能の高いGPUを標準搭載していますから、
動画編集なら4K、オンラインゲームなら3Dでも動作に問題がありません。

価格はパソコン工房公式オンラインストアで、
カスタマイズしていない状態で264,800円となっています。

 

フロンティア「FRGAG‐B760/4070TC/NTK」

より本格的にDTMやMIXに取り組みたい場合には、
フロンティアの「FRGAG‐B760/4070TC/NTK」がおすすめです。

デスクトップPCで、CPUもGPUも標準で高性能なものが搭載されており、
メモリも標準で32GBとなっています。

特にGPUは先のパソコン工房のパソコンよりも高性能ですから、
動画編集作業にも十分なスペックを有しています。

メモリが標準で32GBと大容量なので、カスタマイズ無しでも
フロンティア公式オンラインストアでの価格は309,800円と少し高めです。

FRGAG-B760/4070TC/NTK

FRONTIERダイレクト

 

マウスコンピューター「NEXTGEAR J6‐A7G60GN-A」

Cubaseが使えるノートPCが欲しい場合は、
マウスコンピューターの「NEXTGEAR J6‐A7G60GN-A」がおすすめです。

いわゆるゲーミングPCで、
ノート型ですがCubaseを快適に使うのに必要なスペックを備えています。

ディスプレイはノートPCにしては大きい16型、
外部の光が反射しにくいノングレア液晶で165Hz対応です。

ノートPCだけに価格は安く、マウスコンピューター公式オンラインストアで
カスタマイズ無しだと179,800円、メモリを32GBにしても199,800円です。

NEXTGEAR J6-A7G60GN-A

マウスコンピューター

 

まとめ

Cubaseを使うだけならそれほど高スペックは求められませんが、
快適に使うとなるとそれなりに高いスペックが必要となります。

おすすめした以外にもCubaseを快適に使えるパソコンはもちろんありますから、
紹介した情報を参考に自分に合ったパソコンを探してみてください。

FRONTIERダイレクト

マウスコンピューター

BTOパソコンのサイコム

PR
初めての楽器は、島村楽器の初心者セットがおすすめ!
必要なものが全部入りなので、すぐに始められる!

島村楽器(楽天市場店)

島村楽器Yahoo!店

サクラ楽器(楽天市場店)

サクラ楽器 Yahoo!ショッピング店

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次